現役引退した愛車REXへの想いや 流されつつの日々に ふと気づいた事などを書いていこうと思ってます☆
2012/03/22(木)16:36

お墓参りなう。


静かな場所で

お線香の香りに こちらが

癒されます。   (-ω-)
2012/03/22(木)04:03
一昨日の日曜日(2/18)に

いつも定例会で集まる友人RRさんの故郷へ

ご本人のご好意で案内して頂けるという事になり行ってきました。



その故郷というのは 福島県いわき市 です。

昨年の地震被害と津波被害、さらに忌まわしい事に

福島原子力発電所の事故によって自然災害と人的災害で二重に

苦しめられている場所です。




しかも、最近になってやっと報道もされるようになりましたが

当初から全国メディアは「超」大被害に見舞われた地方に集中してしまい

  ※もちろん、画的にも衝撃的で視聴者を強く惹きつけるからに他ならないですからね。


この 「いわき」 を始め、「茨城」 「千葉」 の海岸線などの土地も

同じように 「被災」 しているにも関わらず 被害報道もほとんど無く

出身の方々や関係のある方々は状況の把握には歯がゆい思いだったであろうと思います。





早朝、RRさん宅付近に集合し RRマシンで現地へ向かいます。

常磐道は昨年の震災後、かなり修復されたようで ほぼ普通に走行出来ます。

所々に まだうねりとギャップ(段差)が存在しますが 震災直後

救援物資を運んで走った同乗のRR氏とSH氏お二人によれば

「去年は全くスピード出せない状態」だったそうです。



      IMGP1813.jpg

途中、当局の先導も受けたり・・・いえ、県外からの応援車両にも何度か遭遇。




         IMGP1816.jpg

同乗のオイラとSH氏で各行程は交代で運転。ここから先、地元はオーナーRR氏に。

広野ICを降り、Jヴィレッジを遠めに見て、広野町内に。



      IMGP1824.jpg

広野火力発電所近く、北迫川に掛かる 休止中のJR常磐線橋梁。(前川原付近)

地震の影響か? 線路際の防護柵が壊れたまま。 

左下の川から津波が上がってきた形跡もそのままでした。 


線路下、目の前の農地は作付けも出来ないままに。




     IMGP1826.jpg

JR広野駅。 奥に見えるのが広野火力発電所。

電車・汽車は 手前方向(至、上野)からこの駅までしか来られないまま。



さらに出来るだけ海岸線に沿って南下していく・・・。



          IMGP1831.jpg

久之浜町末続地区 末続川河口。

奥左側の護岸は破壊。黒い土嚢で応急処理。←気休めにしか・・・

右奥の波消ブロックは散乱。 川底は津波による海からの砂が堆積している




         IMGP1829.jpg

同、末続川。視線を後ろに振ると護岸が壊れたまま。波消ブロックが数個存在。

手前の道路も路肩が破壊されて崩れていた。

よく見ると、周囲に住宅があったであろう形跡も。 残っている建物も一階部分は

修繕しているか、壊れて放置されているか・・・。




     IMGP1833.jpg

久之浜港。 海面が異常に高い。 

これは地盤全体が沈んだそうです。 ここだけではなく、海岸線は皆地盤沈下が

見られるとか・・・。 


 

      IMGP1839.jpg

四倉新港。 被害当時のままの姿でポツンと置かれていたワゴン車。

周囲の漁港関係の建物は軒並み破壊されたまま・・・。




         IMGP1841.jpg

同、四倉新港。「道の駅よつくら」 につながる境川の河口。

地盤沈下に加え整然と並べてあった波消ブロックがどこかへ流出、

津波による砂の堆積で写真のように一部は埋まってしまっていた・・・。


ここに慰霊祠があって、献花。 手を合わせてきました。





ずっと移動中、海岸に近い地域は殆どが更地か、建物の基礎が残る様な風景が続く。

一年たっているとは言え、まだそこまでの状況・・・。

 



         IMGP1844.jpg

RR氏実家近くの様子。

道路は割れ、崩れているところもあれば 地盤が陥没、建物も傾いたまま。

当然、住めない方々も仮設住宅などに避難を余儀なくされている。

仙台や気仙沼も地震、津波のあとの火災で甚大な被害になってしまったが

ここ四倉も同様に火災で焼失した家屋が多かったそうです。

基礎や柱、門柱などに黒い煤の痕が残ったまま・・・。 





       IMGP1849.jpg

豊間中学校付近(薄磯海水浴場)

辺りに人の気配も殆ど無いせいか海鳥も心なしか寂しそうな感じに見える。




       IMGP1851.jpg

左に薄磯海水浴場の浜が見える。 海岸線が近く、監視塔も海の中になってしまっている。




      IMGP1852.jpg

      IMGP1872.jpg

右に視点を振ると 「南街」の建物が基礎を残して殆どが消えてしまっていた。



      IMGP1855.jpg

豊間中学校。 

一階は壊れた窓などが塞がれ、奥の体育館は下部が破壊されたままの姿。




        IMGP1858.jpg

        IMGP1859.jpg

校旗などを掲げる金属製のポール。

肉厚の鉄柱が もげてしまっている。




      IMGP1861.jpg

体育館は壁が破壊され鉄骨と建材がむき出し。 なんとか倒壊には至らなかった。

自然の破壊力の凄さが垣間見れる・・・。

津波の約2時間前まで卒業式がここで行われていたそうです。




      IMGP1866.jpg

校庭には この周辺の建物のものであろう瓦礫が山になっていました・・・。



校舎内でこの地区の方々の遺品(主に写真やアルバム、手紙など)を展示されていて

地元の方か、「どうぞ」と案内され見させて頂いたのですが、 

泥だらけの写真の中に どれも日常が活き活きと記録されていて

とても平常心では見続けることは出来なかったです。



「3月の行事予定表」と書かれた黒板は、当時そのままであり時間が止められて

しまった現実が 生々しく、それだけで泣きそうになってしまいました。





お昼も過ぎたので 「小名浜港」 前の仮店舗で営業している食堂で腹ごしらえ。

食後に良く見ると、隣接する建物は その漁港直営の店舗が入っていたであろうもので

被害にあって使えなくなっていた。

それでもお店の方々は 笑顔満面で接してくれて優しいお母さんたちだった。




再開した「いわき らら ミュウ」(ショッピングモール)で震災をまとめた

パネル展があるというのでそれを見学。

地元の新聞社が記録した映像は当時の衝撃をしっかり映し出していた。




        IMGP1874.jpg

こうして毎日の放射線量を掲示している。

原発事故の影響は毎日の暮らしにどれだけの苦労を伴うのか計り知れない。




お土産を買い込み外へ出ると 雨が降り出した。




     IMGP1876.jpg

岩間町輪山から 常盤共同火力勿来発電所を望む。

手前の堤防がバラバラになっていた。



      IMGP1878.jpg

こんな厚い壁も無残な光景・・・。

海岸線に沿って、所々同様に破壊されていた。




      IMGP1880.jpg

視線を町側に振ると 壊滅した光景が見えるだけ・・・。

そのままの建物もあるが殆どは基礎しか確認できない。

火力発電所に近いこの地域は 所々 「通行止」 も存在して

未だ「手付かず」のような感じだった。



この地域を最後に帰途に着いた・・・。




TV画面でしか見ていなかった現地の状態、

頭の中では判っていた 「つもり」

だった事が 改めて判りました。



一年経って、瓦礫など片付けられていて基礎や更地の状態にはなっていたけど

その光景ですら 目の当たりにすると 言葉を失ってしまいます・・・。



あまりの甚大さが感情を止めてしまう。

亡くなられた方々に ただ手を合わせることしか出来ないです。




昨日、いつものネットを巡回していたら たまたま同じ日の同じ頃に

小名浜近くでウルトラの「応援イベント」があったそうで

       ※ウルトラブログ列伝「DAIGOさん、つるのさん、太陽さん、いわきで集結!」
  
ウルトラファンなオイラとしてはとても嬉しい気分になりました。



いろいろな団体や有名人な方たちはイベント等も出来るけど 自分には何が出来るのか。




物見遊山なんて論外だけど やっぱり現地の生の状況は見たほうが良いかと

個人的には思います。

そして、再開されたアミューズメント施設や物産館、

個人で頑張ってらっしゃる店舗などで お金を使って下さい。 


きっとそれが一番 被災された土地の皆さんのチカラになると考えます。



現状の政府のやり方では 資金も一向に届かないし何時になるかも判らないまま。

例え小額でも直接渡せる方が意味があります。 それが積もればなお、ですしね★





         IMGP1883.jpg

お土産は、「くるみゆべし」と可愛らしい陶芸品の「箸置き」。





僅かですが まだまだ息の長い支援をしていきます。







2012/03/14(水)03:52

もう3日、過ぎてしまったが

昨年起きた東日本大震災から あっという間の一年が過ぎた。


しかも「大災害」は 未だに続いている。




昨年のあの時、オイラも仕事中。

職場のビルは隅田川の至近で しかも古く、そばの通りを重量のあるクルマが

通れば若干揺れを感じるというところで その3階にいた。



最初の揺れはそうでもなかったが、収まらずに大きくなって「ただ事じゃない」のは直ぐに

理解した。

部屋の扉を速攻空け、階下の玄関自動ドアを空けに走った。 停電が起これば空かなくなる。



もう建物の前の道には近所の数人が道の中央で腰を低く避難していた。

隣に停めてあった営業用の1BOXバンは、「ダンスを踊るかのように」激しく揺れている。

さすがにつかまらないと立っているのも大変だった。

目に飛び込む映像は、見慣れたビルやマンションが不規則に揺れ、

言葉では表現出来ない不気味な音・・・

それは建物の悲鳴とでも形容するような何とも生理的嫌悪感のあるサウンドだった。




大きな揺れが収まりかけたその時、ちょっと安堵しかけていた避難している方々に

何故だか「次が来る!」って叫んでる自分がいた。

ハッキリとは覚えていないが、「地鳴り」が聴こえたような気がする。

その後、すぐ2発目がきた。

営業バンの窓全開にして大音量でラジオをすぐかけて、収まったのを見計らって3階に戻る。



パソコンは無事。 しかし一部の周辺機器とモニターが すっ飛び、あらゆるモノが散乱状態。

社長とオイラが二人でいたのだが、オイラが戻らなかったものだから社長は

いろいろと押さえていたようだった。   ・・・悪い事した。すんません(vv)、、




その後は 報道で周知の如く道路には家路に着く人の流れが出来、道路はクルマで大渋滞。

結局オイラも帰宅したのは午後6時頃に出て午前零時頃。 (普段は約50分の道程)


自宅は被害が殆ど無く、いつもちょっとの地震でも緊張してしまう母も無事で個人的には

良かったのだが・・・ 帰宅してからのTV画面から出てくる映像に言葉が出なかった・・・。





あれから もう一年。

未だに被災地の状況は遅々として好転せず、「大災害」に「超」を付けてしまった「原発事故」も

依然として収束が見えない。


政府は 「収束宣言」 など馬鹿げた発表 をしたが、

様々な情報を見るまでもなく

避難されている人たちが戻れないままであることその事が 「未収束」の証ではないか。



漏れ出してしまった放射能は、そう簡単には無くならない。

政府は 避難している人たちの事を最優先に考えるべきだ。

これからの暮らしの基礎をきちんと作れるようにしなければどうにも動きが取れないだろう。

原発自身の処理も出来ないまま 曖昧に中途半端なまま地元に戻れるなどと言えば

「被爆して下さい」と言うのと等しい。




今、物議を醸している 「瓦礫処理」もそうだ。

震災の時、あれほど協力を惜しまなかった国民が「放射能」のせいで躊躇してしまっている。

もちろん、その気持ちも強く理解出来る。

でも、キチンとした情報を、知識を持たないで ただ「反対」だけでは ダメではないのか?

少なくとも汚染されていない地域の処理は「進んで協力」してほしい。

被災地全てが「汚染下」にあるわけじゃないのだから。

少しでも早く 地域を蘇らせるために力を合わせて行かなくちゃ。



問題は原発の影響を受けてしまった地域。

ほんとうに原発さえ無ければという思いしか出てこない。





・・・これを書き出すと止まらなくなりそうなので、またその都度

小出しに書いていく事にします。





首都圏、オイラの地元も一部かなりの被害が出ていて それを見るだけでも平常心では

いられなくなるのに、北関東や東北の被災地の皆さんの心の中は幾ばかりかと思っても

想像も出来ないですよ。


加えて3日前のTVの「特番」ばかりのスケジュール。

オイラは全然見なかったですが、聞くところではかなり非常識な内容もあったようです。


災害報道のみならず、最近のTV報道はバラエティ番組化していて

内容も稚拙で見るに耐えないモノが多い です。


きっと制作会社が無能なんでしょうね。 それをタレ流す局の見識も疑われます。

本当に必要な事は何か? 問題にする事象は何か? 事の本質は何か? 


マスメディア関係者には

襟首正して考えて欲しいものです。





オイラの知人にも被災地の方が数名います。

まだこれといって何もチカラになれていない自分には とてももどかしいですが

その中のお一人のブログ記事をリンクしますので良ければ見て下さい。 

被災地の方の本当の声が聞こえます。





      春間近1

昨年は、もう花開いていたクロッカス。

今年はほんのちょっと遅くて、明日には開花しそうです。




         春間近2

庭の花梨の木も若芽が出てきました。 

もうすぐ春ですね!  元気を出さなくちゃね!













2012/03/11(日)03:21
普段使いの コンパクトデジカメ 「Optio 550」 が

ある領域からピントが合わなくなり、また起動も遅くなり

なにより画質低下が大きくなっていた為 後継機を考えていたのです。



・・・しかし。

いまのコンデジ、「液晶画面タッチ操作」 などとゆ~訳の解らないモデルが

多くなってしまって・・・まぁ、使いやすいという場面もありましょうが・・・

どーーーーにも 昔からの 「カメラ然」 としたモノの方が好きな

堅物のオイラとしては ピクチャーモードなど多機能になりすぎて

一見、便利でありながら操作的には全然便利さを欠いた最近のモデルを

購入するところまで踏み切れないでいたのですよね。




コンデジには ハッと気づいた時パッと撮れる手軽さが必要だと思うのですが

最近のモデルには なかなかそんなイメージを持ちにくいですね。


もちろん、各モデルとも設定を決めて登録して習熟すれば

パッと撮れるとも思いますけど(笑)。




ちょっと前のモデルみたいに 小さいながらも ダイヤル一つで撮影モードを

瞬時に変更できて、自分で露出コントロールが出来るカメラも作って欲しいなぁ。

            まさしくOptio 550が そうなんですよねぇ・・・




・・・で、 某カカクサイトでレビュー等を参考に 後継機を決めました。


      後継機1

        濃色なのでちょっぴりホコリが目立ちますが・・・



ペンタユーザーなので、やっぱり PENTAXです。

高感度画質最優先なら、他のメーカーでも良かったのですが (^^;

使い勝手と光学18倍、そして25mmスタートの画角

多少のノイズが乗っても やっぱり ペンタの色作りが好きなので・・・。


自分で露出コントロール(補正はOK)が出来ませんが、まぁ光学18倍と

定評のある高性能SMCレンズを搭載して
         フレアやゴーストが極めて少なく逆光に強いの!

発表時のほぼ半値になっていたので 2ヶ月考えたあげく ご購入です。




そうなんです。デジタル回路も重要ですが 「レンズ」 がしょぼいと

どんなに機能が良くても魅力的ではありません。



PENTAXのモデルでも 「SMCレンズ」 搭載機は少ないので

ほぼコレが決め手になりました。

      ※Optio 550もSMCレンズ搭載モデルでした★



      後継機2
              




今後は RZ18 に 当ブログや普段使いに活躍してもらいましょう。



・・・とはいえ、これから機能の習得です (^_^;





                                  ※撮影はOptio 550




2012/03/10(土)03:55
オイラは 「ウルトラファン」 でありますが

同世代の ご同輩には理解して頂けると思いますが

出現当時から人気を二分している・・・「仮面ライダー」

やっぱり「好き」なヒトでもあります。(笑)


       特撮ヲタ俳優 京本政樹氏が有名 ^^




近年、「平成ライダーシリーズ」 が人気を爆走中ですが

オイラは どうしても最近のシリーズは納得行かない年代です(笑)。

許容出来るのは・・・まぁ、平成第一弾、「クウガ」 まで。 ですかね~。



そこまでのシリーズで、一番好きな作品が 「仮面ライダーBLACK」 です。

「え? 昭和ライダーファンなら 本郷1号・佐々木2号とかじゃないの???」

と、思われる向きも多いかと思いますが

石ノ森先生最後の作品(正確には続編のRX) 「BLACK」 のハードな設定が

仮面ライダー本来の(本郷1号と同様な)世界観を表現していて好きなんですよ。




・・・で、何を言いたいかとゆ~と



         black1.jpg

          フォーゼは 「イカ怪人」 にしか見えないね(笑)


お馴染みの食玩フィギュアに やっとBLACK登場!




しかし、この食玩シリーズ、ウルトラ系は 中身が判る箱デザインなのに

ライダーシリーズは 「ロシアンルーレット」



何が出るか判らないんですよね・・・。


みごとに 「量を買わせる策略」 な売り方。

まぁ、コレにまんまとハマるわけですが・・・(笑)





・・・だが!


今回は なんと 一発当たりで BLACKゲット♪  いぇい♪


         black2.jpg





RX3擬態を揃えるのに苦労した時とは雲泥の差☆

       玩具メーカーの策略にハマり過ぎのヤツ



他にライバル 「シャドームーン」 もラインアップされているので

             ※セーラームーンぢゃナイわょ ^^


その後日、また一箱購入も  中身はBLACK。

あらら、今回はダブっちゃったわぁ~と暫く放っておいた。



箱のウラを良く見ると、「BLACKは別のヴァージョンあり」 と記載されている。



ダブった箱から取り出すと・・・


     black3.jpg



ああら? サタンサーベルが入っているぞ?




         black4.jpg



なんと、2箱購入で シークレットヴァージョンも揃ったぁ!!



すごい確率!



こんなとこに 「運」 が注ぎ込まれちゃうから 宝くじが当たらないのかも・・・。(悩)

うれしいんですけどね・・・。 はは・・・。







・・・その後 また一箱購入も 「シャドームーン」 は出ず。

う~~~~ん。 今回はコレで打ち止めにしようかなぁ・・・・。


笑。






2012/03/07(水)00:47

このまえ収穫した今年の 「ふきのとう」。

先週の土曜日に、やっと 「てんぷら」にしました ^^



冷蔵庫に眠らせておいたのですが、最近の冷蔵庫は性能が良いですね~。


自宅収穫より少し前に近所に住む母親の実家から頂いていた「ふきのとう」数個も

ほぼ味も香りも褪せてなく、調理後も美味しく戴けました♪


     2012ふきのとう天麩羅

               ※衣が余ったので、ニンジンも少し調理しましたとさ★



春の香りを ちょっと早めに頂きました





2012/03/03(土)18:36


前記事のつづき~。
    

     IMGP1704.jpg



2日目の朝食☆


シンプルで、トーストも合いそうなメニューですが

炊き立てのご飯で がっつりエナジー補給☆


個人的には コレに食後のコーヒーがあるとBESTかなぁ~。

           あつかましいヤツ




         IMGP1705.jpg


今日がチェックアウトの方々か? 昨日降り積もったクルマの雪下ろしに

奮闘中です。              ↑ うちらが到着時に無かった車両なので。


それにしても、積雪がハンパ無いのが屋根を見ても判ります。


うちらも今日がチェックアウトなので荷物をまとめてからゲレンデへ!





     IMGP1707.jpg


2日目は 前日にも増してコンディション悪し

降雪も激しく、なんと言っても 「風が強い」!

視界も悪い時間が長くて 結局上には行かず、下のゲレンデで半日楽しんだ。



     IMGP1710.jpg


ゲレンデからスキー場入り口に続く連絡道、圧雪してないところは

膝までもぐる(笑)。





     IMGP1712.jpg


宿に戻ってクルマを見れば~~~~~~~。




         IMGP1713.jpg


いつもお世話になっている 「ロッヂ友」さん。

ありがとうございました★






チェックアウト→温泉→遅い昼ごはん の予定で帰路に着く。


      IMGP1717.jpg


市内の道路は 「雪の壁」。


     IMGP1718.jpg



     IMGP1719.jpg





遅いお昼は・・・

     IMGP1721.jpg


前回 入って大満足した JR越後湯沢駅ナカの・・・。(笑)



                                 




帰路の関越道、 スキー帰りと思しきクルマが少なくなく

     IMGP1723.jpg




・・・。


あまりの酷さに、ブログ書いてるクルマSNSに問題提起のコレを

UPしてしまった。


       どう思う




このルーフ(屋根)の 雪の塊 、皆さん どう思います???

クルマ乗ってる方なら・・・いや、そうじゃなくても

危険極まりない事ぐらいは解りますよね。


当然、 路面は 「雪&凍結」 の超厳しい状態です。


後続車は 常に危険が目の前に

その他、周囲のクルマも いったん事故になれば 巻き添え必至!


このドライバーは大型SUV、いわゆる4WDで

「走れちゃうからOKOK」 とか思ってるんでしょうね。


こんな輩は 雪国に来ないで欲しいと痛切に思います。


そうです。 首都圏ナンバー でした。

他にも数件見ましたが、殆どがそう。


是非、危険運転で検挙するなりの強いお灸が必要ではないだろか・・・。




当然 速攻こんなクルマの傍からは 「離脱っ!!!」




     IMGP1724.jpg


その後は、一面銀世界を のんびり堪能して走ります(笑)♪




     IMGP1725.jpg


真っ白な世界から関越トンネルを越えると関東ではご覧の景色。

この違いにも 改めて驚きですね~。






さてさて、3月になって暖かさも出てきましたが

今シーズン、あと何回ゲレンデに行けるかな~????




今回も友人車に便乗でしたので 我が愛機3号は

「スキーにも行くから選択した車種」 にも関わらず


またも出番ナシで・・・  

今度こそ・・・ネ☆




2012/03/03(土)02:35


・・・てか、もう2週間前のハナシですが (^^;

2/11~12の連休を使って おなじみの

石打丸山スキー場」 へ☆



また いつもと同様に渋滞等回避で 前夜(2/10)、

メンバーの仕事終了後集合しての直行便!


1.5泊とゆ~カラダに優しいスケジュールです。





赤城高原あたりから路面状況が変わり、雪もちらほら・・・。

関越トンネルを抜けるともう雪景色・・・・なんて悠長な感じではなく

今冬の大雪を物語る、ただ雪まみれの徐行厳守の路面状況。

雪は横殴り気味でかなりの降雪量・・・。

ゆっくりながらも確実に進み、宿到着は ほぼ午前零時。



馴染みのお宿なので、玄関にオーナーさんの「おつかれさま」メモ

に案内を確認してチェックイン。


       はい。みなさんもうご就寝になってます。(笑)



到着後、軽く「おつかれさま乾杯☆」 で 明日に備えて就寝!




                                  




朝。



雪降りだーーーーーーーーー。





     IMGP1629.jpg

朝ごはんの このボリューム♪ 

お米が美味しいので ごはんだけでもお替り進むくん♪♪♪



朝食をたいらげていざ!






     IMGP1631.jpg


     IMGP1659.jpg


   
この日は一日雪降りで、上のほうは時折視界がなくなるとゆ~

結構厳し目のコンディション。

でも、連日降る雪と低温で 雪質は最高♪♪♪



夕方4時近くまで、結構滑って・・・




     IMGP1668.jpg


戻った宿から望むゲレンデは、ナイターの灯が準備万端~。



ディナータイム☆

     IMGP1675.jpg


朝にも増してボリュウム満点! 

いったいどれが「メイン料理」だろ~?????

全部がメインの、土地の方々の厚いおもてなしに心もお腹も満腹♪

   ※これでごはん3杯お替りですからねぇ・・・(笑)

       ↑ フツーに「食い過ぎ」やろ~~~!




重いお腹を抱えつつ、いざナイトゲレンデへ出発!


     IMGP1677.jpg


         IMGP1678.jpg



カクテルライトの照らし出す風景は これまたキレイ~。


     IMGP1680.jpg


山頂から見た夜景。 





         IMGP1686.jpg


     IMGP1691.jpg



     IMGP1696.jpg



一日雪振りだったのに、ナイターに合わせるかのように晴れ間が出て

空を見れば星が輝く 絶好のコンディションに大変化!

さらに気温が下がって、普段なら状態もそれほど良くない雪質の

最下段ゲレンデでも 適度に締まってすこぶる良い雪質!!



ナイターは、そう数こなしてないけど

今までで最高のナイトスキーを満喫しちゃいました ☆☆☆






         IMGP1701.jpg







宿のお風呂で ←温泉引いてるんだなコレが ^^

まったりして、メイン宴会で夜が更ける・・・・(笑)。




   ※長いので~(その2)に つづく~~~~






2012/03/01(木)01:55

今年は 「うるう年」。

・・・で、2月の最後に来る 29日に ここ首都圏には

「大雪注意報」が出ていました。


神奈川や、東京都下、関東山間部なんかは「警報」まで出たくらい。

・・・とはいえ 雪国地方の比ではありませんが。



この時期、2~3月は 太平洋側でもこうして時々

雪が降るのですが、気象的には

いわゆる「冬型の気圧配置」が崩れて、太平洋側に来る低気圧と

その時、上空に「寒気」が入っていると「雪」になる。のですね。


つまり・・・


「春の兆し」 というコトも言えるのですよね (^^)b



言わば「春待ち雪」とゆ~ところでしょうか。





雪が弱くなってから庭に出てみました。





         001.jpg
 
水を含んだ重たい雪に 水仙も頭を垂れて ちょっと可哀相・・・。






     004.jpg

枝がしっかりしてる ツツジでさえも 重たそうに・・・。





         002.jpg

降り止むと たちまち溶け始めた 今日の雪。





         005.jpg

屋根から滑り落ちる音も いつもより早いねぇ・・・。





         003.jpg
 

それでも 春を待つ新芽は たくましいね!




                      

節電に協力しよう!

大変な今、誰でも出来る事を少しでも!

いらっしゃいませ!

おいで下さったお客様☆

名様です。有難うございます♪

プロフィール

ふぉれっくす

Author:ふぉれっくす
管理人&著者の「ふぉれっくす」と申します。
1964年 9月生まれ独身男子。
写真とスバルとウルトラが好きな輩でございます。
スポーツマンでは全然ナイのにスキー&テニスやボウリングを嗜み、案外多趣味ですが、その中身は「広く浅く・・・」と評されております(笑)
ぐだぐだです(笑)。よろしくごひいきに☆

☆つぶやき☆



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

管理人へのご連絡などはこちらに☆

名前:
メール:
件名:
本文:

 | ついんびすこ☆えれじぃ~TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX