現役引退した愛車REXへの想いや 流されつつの日々に ふと気づいた事などを書いていこうと思ってます☆
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/28(月)02:55

皆様、クリスマスは楽しまれましたでしょうか?


オイラは仕事。・・・でもって前日くらいから体調崩しちゃいまして

そりゃあ~もう、地で

「滅入り苦しみ増す」 とゆ~ありさまでございました。

いまだスッキリとはしていないものの、まぁあと二日頑張れば

今年の仕事も終了。ということでなんとか乗り切ろうと思ってます。

・・・それで正月に寝込んだら それはそれで ♪困っちゃうな~♪ ですが

さて。 本題です(笑)。


発売日の翌日、12/23に届いたDVD。

結局 封を開けられたのが昨日!

はい! 

ウルトラマンメビウス外伝「ゴーストリバース」第二巻。

レビューでございますよ


第二巻


コレを観ずして公開中の「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」を

観に行けないので、公開日(22日)から ひたすらガマンしておったワケですが

同時に、ファン関係のブログやサイトも拝見しないまま現在に至っております(笑)。


今回の「外伝」。

一言で表せば 「メビウスの戦士への成長」という事ができるかと。

・・・というのも、前作「アーマードダークネス」までは

「地球人との友情(絆)」をテーマに添えたメビウスの成長物語だったのですが

そこにはいつも周りに「仲間」がいて、メビウスは仲間の力を借りて・・・

仲間がいるからそれが力になる・・・というような展開で、戦士としては

やはりまだ駆け出しで「自分自身の強さ」みたいなものが足りない描写でした。


で、今回の作品。

一番の違いは、もちろんその映像手法による表現世界なのですが

物語側から言えば、仲間に「助けられる」メビウスではなく、「助ける」厳しさを知るメビウス

といったところかと思いました。

キャラクター的にもステップアップした感じのストーリーになっています。


ここから以下はネタバレになりますのでご注意を~♪







ストーリー展開は、ヒカリを助けに行ったタロウとエースが暗黒四天王の策略に嵌り

捕われの身に。 助けるには封印されたギガバトルナイザーを灼熱地獄の炎の谷に

取りに行かなくてはならないが そこには熾烈な戦いが待っていた・・・。

ラスト、友情を感じたメカザムとメビウスだったがメカザムの正体は

エンペラ星人の復活用装置(ロボット)であり、暗黒四天王は

ギガバトルナイザーを使い、ついにエンペラ星人復活のスイッチを

入れてしまった・・・。




●気になった点、良かった点などつらつらと書いていくことにします


「炎の谷」内部の描写はなかなかに秀逸で、難しい空間設定がよく描かれているな~と。

そのステージでの激闘もまた、スピーディで迫力のある構成になっていて

緊張感もあるし、今までには見られなかったようなアクロバティックなアクションも

見ごたえがあります!

ワイヤーアクションには定評のある監督・スタッフのチームが参加されたことで

宇宙人であるウルトラマンの動きに説得力をもたらしたと思いますね★


封印を解く場面、メビュームブレードを伸展し炎とともに走ってくるメビウスの

シーンは文句無くカッコイイ!

声の五十嵐クンも表情が見えるかのような迫力の演技をしています!


EXゼットンの出現は いささか強引な感もありますが~(^^;

やたら強いのだな、コレが(笑)。


全景フルCGで出来ているのですが、遠近感や空間の広がり感はうまく出ています。


捕われのタロウ&エースのカラータイマーが点滅するのですが

しっかりオリジナルのSEを使用している点はTVシリーズからの美点ですね!


地上(?)戦もワイヤーアクションをふんだんに使って、本来の宇宙人的な動きが

迫力を出していてとてもGOODです。

カメラワークもよく練られていて奥行き感をしっかり表現しています。


ストーリーの面で言えば、ヒカリの役回りは 「ああ、やっぱり」(笑)なトコですが

クセのあるキャラとしてTVシリーズで馴染みのある彼ならではですね。(爆)。


そういえば 暗黒四天王の一人、ヤプールがメビウス(エース)キラーになっていて

ハテナ????と思っていたのですが~、どうやら巨大ヤプールの着ぐるみが

ステージショーに使用されていた為に出演できなかったから。だそうです(笑)。

メビウス(エース)キラーはウルトラマンエースで初登場以来、

今作で初めて 「喋った!」ですね。



全編フルグリーンバック撮影、CG合成で初登場の本作、

確かに合成に甘いところも垣間見られますが全体としては快挙!な出来だと思います。

洋画の何億も掛けた作品と比べるのはどうかと思いますし、逆にそれほど無い制作費で

ココまでのものを作ったと考えるべきだと思うのですが、どうでしょう?

CGを初めて取り入れたティガから13年、ここまで進化しました。


第一巻巻末のインタビューで 岡部氏が語っていた

「新しいものを作り出す精神」(要約)が

新生円谷プロになってまた蘇ったというのは、一ファンとして嬉しいし

また、これからの作品にはCGは不可欠ですが 今まで培ってきた技術

(ミニチュアワークや操演など)を捨てることなく、うまく融合させた作品に

なってゆければいいなぁと ますます今後の活躍に期待です!




最後に、クレジット終了後 宇宙空間にさまようギガバトルナイザーを掴み取る

ナゾの腕シーン。(もう正体は判ってるけど<笑>)


あれはいらないなぁ~。

もちろん、映画に続ける為のシーンなのだけど

ソレは映画本編冒頭にでも入れれば済むことだし・・・。

メビウスの物語(OV)として完結しなくなってしまいますよねぇ


・・・で、もうひとつ。

やっぱりボイジャーの主題歌は ちょっと・・・(^^;

せっかく重厚な絵作りと重めのテーマだったのに あの軽い歌声は合わないですよ・・・。

もちろん、歌そのものは爽やかでいいと思いますが

今作には全然合ってない!って思いますわ。

最後のシメで作品が軽くなってしまってる・・・。

これだけはダメ出しです。



てなわけで、次の休みには本編映画をやっと観にいけるぞ~!

また観てきたらレビューしまっすね~



ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース STAGE 2 [DVD]ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース STAGE 2 [DVD]
(2009/12/22)
五十嵐隼士堀 秀行

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://forex555.blog43.fc2.com/tb.php/154-0bcd7875
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
節電に協力しよう!

大変な今、誰でも出来る事を少しでも!

いらっしゃいませ!

おいで下さったお客様☆

名様です。有難うございます♪

プロフィール

ふぉれっくす

Author:ふぉれっくす
管理人&著者の「ふぉれっくす」と申します。
1964年 9月生まれ独身男子。
写真とスバルとウルトラが好きな輩でございます。
スポーツマンでは全然ナイのにスキー&テニスやボウリングを嗜み、案外多趣味ですが、その中身は「広く浅く・・・」と評されております(笑)
ぐだぐだです(笑)。よろしくごひいきに☆

☆つぶやき☆



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

管理人へのご連絡などはこちらに☆

名前:
メール:
件名:
本文:

 | ついんびすこ☆えれじぃ~TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。