現役引退した愛車REXへの想いや 流されつつの日々に ふと気づいた事などを書いていこうと思ってます☆
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/10/15(水)12:58
パンフ


一昨日の土曜日、仕事帰りに2度目の鑑賞に行って参りました☆

封切りから2週目にして、やっと初見したものの仕事が滅茶苦茶忙しくなって

レビューも書けず・・・そのうち色々とぼやけてきたので(笑)

封切り4週目に2度目の鑑賞と相成りました♪

前回とは違う映画館です。

シアターエントランス


コレが当たりだった!


いつも行く館は、スペック的にはフル装備な筈なのに音響がいまいちで「こんなもんかなぁ?」って思っていたのですが~、今回(初めて行った館)は音響が全然違って「本当はこんな音で作られていたのか!!!!」って思ったくらいでした♪
これ結構重要ですよねぇ。

音響で映画の迫力なんてまるで変わってきちゃいますから・・・。



・・・で、「8兄弟」ですが。




ひとくちに「お祭り映画」です(笑)。

コレにシビアな意見を求めちゃいけません。


製作側のスタッフさんも「お祭り」って言っていますし(笑)。


「肩の力を抜いてただ楽しめばイイ映画」です。

それは悪い意味では全然無くて、古くからのファンやマニアをうならせつつ、現役のちびっこ達も
喜べる作りになっているから一緒に楽しく見る事が出来るっていう良い意味での解釈です。

「お祭り映画」とは言っておりますが、それはただ怪獣とヒーローがドンパチやっているだけのモノでは決してなく、しっかりとした「人間テーマ」を持ったお話しになっています。

オトナの方なら誰でもが夢を持った時期、あるいは自分自身。そして今の自分。そんなものを見つめなおさせてくれる、ちびっこ達なら「未来の自分」に向けて何かをみつけてくれそうな ・・・・そんな映画だと ふぉれっくすは感じました☆

                ☆        ☆       ☆

個人的に言えば、この8ウルトラマンを勢ぞろいさせるのはこういう展開が一番自然かな?とも思うし
それなりにドラマもきっちり描いているので、・・・はい。   オイラは泣いちゃいました (^^;
2回見て、2回とも  です (笑)。

ウルトラのいい所は、人間ドラマをしっかり描いている所にこそあると思っています。
例えこ~~~んな 「お祭り映画」 でも、そこを手を抜かずにちゃんと作っている。
だから 面白いと思えるし、感動もしちゃうのだと思います。

まだ見てみたいけど、どうしよっかな~って思っている方がいらっしゃいましたら、まだ公開中ですので
是非!!!

いずれDVDも出るでしょうけど、これは劇場で見ないとダメです。

特撮のミニチュアワークもTVシリーズとは比べ物にならないくらいよくできてますし(TVもクオリティは高いのですけど)、爆破爆裂のカットは迫力ありました~~~☆
今回は横浜が舞台で、実景との比較も面白いですしね!

特に夜のシーンが多くて、特撮シーンでは夜景は凄く大変なのに見事にセットされていてキレイでした! しかも合成の質も上がっているのでそれを見るだけでも価値はあると思います。

長野 博氏演じる 「ダイゴ」の奮闘ぶり、五十嵐隼二氏演じる 「ミライ」の大ボケぶり等等
必見です☆

見終わった後は、なんだか暖かい気持ちになった、そんな作品でした♪


・・・ここから先は、ネタバレを含みますので~既に見た方&興味のある方へ☆

2度目の鑑賞は、大入り袋の配布が始まって1週間後。
まだありました!

          大入り袋

土日は赤袋でウルトラマン、平日は青袋で怪獣達のコマが入ってるという事です。
オイラのはクライマックスシーンの 「グリッター勢ぞろい」 でした☆

中身はグリッター!
              見えるかな・・・・?

まず最初、

冒頭の昭和40年時代のくだり

確かにあんな感じでした。

オイラは昭和39年生まれなのでばりばりリアル昭和世代なのです。
まだカラーテレビは普及が始まったばかりで、ウルトラマンもカラーで見れなかった家も多かったのではないでしょうかねぇ?

いきなりのダイゴ・アスカ・我夢が幼馴染の仲良しって設定が面白かった!
そんなワザがあったか~!って。

駄菓子屋のアノご主人は、あの人でしたね(笑)。でもなんだかお太りになっちゃって ホンジャマカの石塚サンに似てきましたねぇ (^^;

気になったのは、原っぱでの3人が夢を語るシーン。
あの年代当時はまだ 「ウルトラの星」 とは呼ばれていなかったですね~(笑)。
「光の国」でしたよ☆

ダイゴが颯爽と自転車で走るのはウルトラというよりNHKで放映していたドラマを彷彿とさせますね。でもさわやかでカッコイイ(笑)。
ハヤタ・レナがそのまま親子の設定もファンはウレシイですが、競演したご本人達もそうだったのではないのかな?

北斗・南の夫婦設定やダン・アンヌの夫婦設定はそれぞれのファンで意見が分かれそうですよね。
でも郷・アキの設定は嬉しかったなぁ。しかも榊原るみさんご本人が出演してるのが最高にイイです!
まさかまたあのカップルが見られるなんて思っていませんでしたから☆

ハワイアンダンスのシーン、満田氏目立ちすぎ!(爆)


ダイゴが夢を見るシーン、CGを巧く使ってましたね。
砂塵の中に立つあおりで見せる半シルエットのティガ! 滅茶苦茶カッコイイ!

そしてタイトルバック。
奥行きを感じる光の中にお馴染みの文字が組み合わさってゆくアニメーション。
質感が良くて迫力もありました!

このタイトル、劇場じゃないとあの奥行き感は感じられないんじゃないだろか・・・
皆さん、是非劇場へ!(しつこい<笑>)

「ダイゴが夢を見る」という展開上、過去の作品からの抜き焼きは仕方ないことでしょうけど、それらも巧く演出してるとは思いました。

観光課でムナカタ上司に一喝されるシーンはGUTSを思い出させて、ティガファンにはウレシイです☆

キングゲスラが破壊する赤レンガ倉庫はミニチュア渾身の出来!もったいない!!!って感じ。

メビウス登場! やっぱり映画版は 「声」が変・・・。

TV版と同じエフェクトの方が見ている方は違和感感じないから良いと思うのだけど・・・。

スーツアクターの和田三四郎氏も張り切っているのか、ゲスラをジャンプするアクションもなんだかカッコイイ! さらにメビュームシュートのアクション、気合い入ってるのが良く判ります (^-^)

ミライがダイゴに連れられてダンディ4に会うくだりは
天然炸裂!で楽しい☆ しかもファンやマニアにしか解らない様なもの言いがおかしい (^。^)b

いったい誰がミライに「帰マン」「新マン」なんて教えたのだ?(大笑)

キングパンドンが破壊する町並みをやや俯瞰(港の見える丘公園からの視線)で描いたシーンは平成ゴジラで何度か見せた画よりリアリティがあって◎。

でも頭が二つに分かれてるパンドン(元々はNGデザインの方)を見て「パンドン!」って言ってしまったのはミスだよねぇ・・・。オリジナルビデオのセブンにしか登場してないわけだし・・・。

メビウスVSキングパンドン、アクションもCGもミニチュアワークも迫力あって良かった!
でも何故かメビウスのいつものファイティングポーズが無かったのはちょっと違和感。アレ、結構好きなんですわ。
で、スラッシュハンドみたいなワザよりはTV版よろしくメビュームブレードを使ってほしかった・・・。
その方が 「メビウスらしい」って思うし。

パンドンの破壊でアキちゃん(さん?)がまたまた重症になってしまうのだけど(ある意味むごい繰り返しだよねー)、郷が「迎えに行ってくる」のシーンは新マンTVシリーズを思わせるし、逃げる群衆の中を逆走して行くシーンは郷 秀樹を象徴する名シーンですよねっ(>_<)

ヒッポリト星人、かなりカッコよくなりました(笑)。

横浜の夜景の再現が見事!

破壊された町並みと実景の合成もレベルが上がって良くできていました。

ダイゴの苦悩と頑張りがよく表現された展開で、レナとの掛け合いも見ていると息もぴったりでホント、ティガの続きを見ている錯覚におちいる程でした。

看護士の資格と言う設定までして救急の手伝いを申し入れる夕子のシーン、TV版では看護士役だったので思わず笑みが出ちゃいました。でも娘さん(実娘だそうです)、昔の星さんにそっくりですよね、雰囲気とか。さすが親子!

レナがダイゴを思う気持ちでの放送のシーンも、ダイゴの気持ちが画面によく表現されていて、うるっときちゃいました☆

人々を避難させるダイゴのシーンはもうGUTSのダイゴとかぶるかぶる(笑)。

そして、今回一番感動したのはやっぱりダイゴ自信が覚醒する場面。
カッコよすぎます!!!
自分自身に気づいたシーンからはGUTSのダイゴになってましたね! 

「最後の一人はボクだったんだ!」から、なんか涙止まらなかったです。

アスカも我夢もポイントの台詞が効いていて、TV版のファンを意識したいい作りになってました。
ま、とってつけたような感はなくはないですが・・・

リョウ役の斉藤りささんも凄く気持ちが入った演技でしたしね、ダイナの最終回の続き、みたいな感じでしたよ。

アッコ役の橋本 愛さんなんかは芸能界引退してるのにこの役の為に出演ですもんね~~~!
みんな思い入れがあるからなんでしょうね、自然とグッときちゃいます。(ガイアTV版の最終回の橋本さんはホントいい演技でしたもんね)

戦闘シーンは、今までの「偶然集合した3大ヒーロー」じゃなく、同じ次元と意思で戦うという統一感?みたいのがあって良かったと思います。

平成組


一般市民の応援にナカジマ・カリヤ・ゴンドウで展開したのも面白かった☆

合体怪獣ギガキマイラはフルCGで、唯一違和感が強かった部分かな?
質感がどうしてもCGで・・・。
せめてギミックでも作ってCGで補うって方が良かったんじゃなかろうか?

4兄弟の変身カットは、前作「メビウス&ウルトラ兄弟」よりオリジナルに近く再製作されてました。
(でも何故か初代は変身カットだけCタイプ・・・)
それと声のS.E.も、セブンは森次氏の新録音のみじゃなく、TV版オリジナルを持ってきましたね!

初代マンが「いくぞ!」と声をかけてティガが「はい!」と交わす所に、“昭和”と“平成”の初代同士、世代交代の意味が含まれているのかな・・・?なんてちょっと思ったり。

アイスラッガーが変形(正確には複数化)するのは「やりすぎ!!!」って思ったのだけど、アレって昨日たまたま見てたCS放送でのウルトラマンマックス第27話での技に同じのが!!!あったのですわ(笑)。  それを持ってきたわけでしたのね・・・。
同じM78星雲人だからアリって事なのだろうか・・・?

最後の敵、「影法師」も・・・ちょっと曖昧な・・・。
せめて○○星人とか○○人とかにしても良かったんじゃないのかなぁ・・・?

戦いが終わり、思い出した夢を実現した3人がどういうわけか揃って宇宙に旅立つのだけど
ここでもいろんなゲストが出てきて楽しいです☆

やっぱり世界が違っても、サワイは国連事務総長なのね(笑)。

そうそう、報道TVクルーは、あの 「KCB」 です!(残念ながら 田端さんはもちろん、倫文もいないけど)
最後の宇宙戦艦ヤマトは「ここまでやるか」って感じで(笑)。
でもよくできてましたけど (^ワ^)b
ダイゴ・アスカ・我夢の「人間ウルトラマン=M78星雲出身でない」がそろってM78星雲を目指してゆくのは何か意味ありげな終り方ですね☆

歴代の戦闘機勢ぞろいは明らかにサービス以外の何物でもナイのだけれど、やりすぎ感は否めないですかね~。ソレは無くても良かったのでは・・・?
(でも北斗&夕子の敬礼は 昔のままだったのが嬉しかった!)


長々と書き連ねてきちゃいましたが・・・(^^;

全体的には良い出来で間違いなく楽しめるものになってます。
ダイゴの気持ちが軸なので、レナとのからみやらゲストも含めて、ティガの世界が全体に感じられてティガファンとしては超?ウレシイ映画でした♪

ただやっぱり尺の関係か?ダイゴを除くみんなの突然の覚醒には無理を感じちゃいましたし
もっと言えば、違う次元の世界の住人なのに「覚醒」は当てはまるのか?(セーラームーンみたいに“前世”設定ならまだ自然かと)
さらに突っ込めば、ハヤタはウルトラマンとは分離されて、当然にアキコとは夫婦でもおかしくはないけどウルトラマンである自分は意識に存在しない筈。→当然に変身はできないですわな(笑)
同様にダンは地球人と合体していない(ミライと同じ)、薩摩次郎のコピー態であるから別次元でも地球には存在しないし、むしろミライみたいに別次元からやってきた方が無理がないと思ったり・・・。

次元が違うせいなのか、最初に戦ったメビウス以外はみんなカラータイマー青のままだったしなぁ・・・

・・・な~~~んてつまんない事考えちゃったりもするのですが(笑)、それはそれ。
いろんな楽しみ方があってイイものですもんね♪
最後にミライが 「また会いましょう」 って言い残して行った所に“継続”の含みを持たせていますよね♪
未だこれからの円谷プロはどうなるか判りませんが、必ず次の作品が出来ることを願っております!

超8兄弟


DVD出たら速攻買いですな。(爆)
コメント
この記事へのコメント
こんにちは☆★
私も2回目見たいですが…
なんせ受験生…我慢します(笑)
でもDVD出たら絶対買いま~す♪

私がよく見ていたのはティガとダイナだけなので、劇中に出ていた昭和やメビウス・ガイアのネタはよく分からなかったですし、知らなかったからこそ疑問を何も持たずに楽しく見られました(笑)

ダイゴ&レナ、アスカ&リョウのやりとりは心の中で『キャー』と叫んでました(笑)

泣きそうなとこで小さい子が騒いで涙退いてしまいましたが…(笑)

DVDで泣きたいと思います(笑)

つるのサンもりさサンが凄く役に入っていたと言っていただけあり、アスカを送り出すとこや帰ってくるとこは『α%&*@§』と言葉にならない感動と興奮が(笑)

あ~!!!早くまた見たいですヾ(≧∇≦*)
2008/10/13(月) 11:14 | URL | ゆか #-[ 編集]
>こんにちは!
v-116コメ有難うございます☆
受験かぁ。そろそろスパート時期ですよねえ。息抜きに気持ちのリラックスと、受験にも立ち向かうガッツをまたウルトラからもらってくださいネ! ガイアはちょっと初め難しいけど奥行きあるイイストーリーなので機会があれば是非!(受験生そそのかしてるな~<笑>) 
2008/10/15(水) 13:09 | URL | ふぉれっくす #CCqvuYeo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://forex555.blog43.fc2.com/tb.php/44-f0c2ba01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
節電に協力しよう!

大変な今、誰でも出来る事を少しでも!

いらっしゃいませ!

おいで下さったお客様☆

名様です。有難うございます♪

プロフィール

ふぉれっくす

Author:ふぉれっくす
管理人&著者の「ふぉれっくす」と申します。
1964年 9月生まれ独身男子。
写真とスバルとウルトラが好きな輩でございます。
スポーツマンでは全然ナイのにスキー&テニスやボウリングを嗜み、案外多趣味ですが、その中身は「広く浅く・・・」と評されております(笑)
ぐだぐだです(笑)。よろしくごひいきに☆

☆つぶやき☆



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

管理人へのご連絡などはこちらに☆

名前:
メール:
件名:
本文:

 | ついんびすこ☆えれじぃ~TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。