現役引退した愛車REXへの想いや 流されつつの日々に ふと気づいた事などを書いていこうと思ってます☆
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/11(月)07:00
大型連休も終わり、明日からはほぼ皆さんも仕事や学校、

普段の生活に戻られますね。


本当なら、連休中に  忙しさにかまけて今まで書けなかったオフ会やら

そうなんです、書けないうちに 2つもオフ会があったりしたんですよね(笑)


いろいろと書きまくろう~と思っていたのですが


丁度、連休に入った 5/2に 母親の具合が悪くなりまして

翌3日の夜、緊急手術という展開に・・・。


正直、次の朝まで様子を見ていたら

完全に手遅れになっていました・・・。


じつは5/1に具合があまり良くないとの事で珍しく職場へ 「お遣いに行く気がしないから

帰りに何か夕食のおかずを買ってきて」 との電話。


ちょっと心配しながらも早めに帰宅して様子を伺えば、確かに具合が悪そう・・・。

世の中GWで、医療機関も休みになってしまうので、翌2日早々に病院へ連れて行くことに。


一家かかりつけの病院での血液検査などで「どこかに出血の可能性が疑われる」という所見で

もっと設備のある病院へ紹介状を書いてもらい、そのまま紹介の病院へ・・・。


母親は普段から血圧が高めなのですが、数値が異常に低くなっていて、その原因が前述の

「どこかに出血の可能性がある」 という事だったのですが


二軒目のTT病院の所見は 「疲労からの貧血」 だったんですよね。

個人的には母本人の状態見てもとても納得いかないような診断で、しかも簡単な血液検査と

胸部レントゲンしかしなかったんですよ・・・。心電図とかもとらないし・・・。


点滴500ml だけ処置して「ちょっと休んで落ち着いたらお帰り下さい」ですよ?

はっきり言って、点滴の最中はもう自力で起きていられないくらいだったのに。ですよ!


しかしまぁ、“知識のある医者様”の所見なので一応信用して帰りましたが・・・


それから薬も飲んで安静に寝かせていたのですが、翌日になっても

食欲も全く無く、良くなるどころか なんだかどんどん衰弱していくような状態が見てとれたので、


動けないこともあって、夜になって救急車を呼んでとにかく状態を見てもらうことにしたのです。

実際、薬も出してもらってる所見を出したTT病院に搬送するのが一般的な様ですが

どうにも信用が出来ないので断って、以前から父親がお世話になった別のF病院を指定させてもらって

受け入れOKという事で、そちらに搬送していただきました。


着いて検査して唖然・・・


「非常に危険な状態」 だと告げられました。


すぐに応急処置をして、もっと専門医のいる大病院へ緊急搬送になりました。


告げられるまでの待ち時間、看護士さんの走る光景、心停止の際に使う電気ショック機器の準備、

「えっ?? 何??何が起きてるの???」 状態ですよ。




転送先のKS病院は、最近できた でかい病院で、循環器系も力をいれている所だそうです。

そうなんですよ、具合が悪かったのは 「心筋梗塞」 だったんです!!


一度にドカン!とくるタイプのものではなく、じわじわと来たタイプで、丁度2件目の受診のときに

かなり状態が進行した様子だったんです。


時間が経ってしまったために合併症で急性腎不全を併発してまして、腎臓も壊れる寸前、


そして 「緊急手術」 になりました。


かなりのリスクを伴いますと告げられました・・・。



だだっ広い 深夜の病院の廊下。

ただ助かって欲しいと思いながらひたすら待つしか出来ない厳しさ。


こんなシーン、TVドラマじゃよくある光景。

でも、TVドラマだけで結構ですよ。


何度もこころ潰れそうになったですもん。

あんな感覚は、言葉や文字には出来そうもありません・・・。



ま、ウルトラで育ったオイラです。

「最後まであきらめない!」

って、何度も何度も言い聞かせて拳を突き上げて 「光」ならず 「気」 を送り続けましたよ(笑)。



複数切れている場所があるので長いステントを4本も入れる処置をしてくださった先生は

その道のスペシャリスト。 百戦錬磨のお医者様でした。

じつは10年前に父親も診て下さっていた先生でした。(別のTN病院)



おかげさまで処置は上手くいきまして、しかし腎臓も壊れかけていたので

その後透析処置など、まだまだかかりますが一昨日にやっと ICU(集中治療室)を出まして

現在ECU(観察室)になりました。


食欲も出てきたみたいで、今のところ安心レベルも少しづつ上がってきてますが

まだまだ手放しでの安心は程遠い状況です。


まずは一息つけましたので、またブログも書いていけるかな? ってところですので

おつきあいまた宜しくお願い致します~~~~(vv){ぺこり)


見舞い
     ●転送されたKS病院にて



コメント
この記事へのコメント
お母様大変でしたね(TT)

不幸中の幸いで、転送先のドクターが素晴らしい先生で良かったです(;;)

今頃はだいぶ落ち着かれてきたとは思いますが、このままどんどん回復をされていかれるように願います(><)

こんな時は、ふぉれっくすさんやご家族にも疲労が溜まりますから、ご自身の身体も無理をなさらぬように(><)



2009/05/16(土) 05:06 | URL | マッパ #JalddpaA[ 編集]
Re: ありがとうございます
e-179マッパさん、こんにちは☆ お気持ち本当にありがとうございます。 本当はこういった場所に記事として書く事柄じゃないと思ったのですが、日々忘れていってしまうのも哀しい事だと思いまして あえて記事にしちゃったのですが、何よりも近況報告もできますし、皆さんの励ましで元気を沢山戴きました! おかげさまで徐々に回復してきている様子なので、まずは一安心。といったところまで来れました。  でもここ数日間は今までにない緊張感が持続していたので今更ながら自分自身でもびっくりしております(笑)☆ 出来るだけ楽しい話題を書けるようにしていきますね (^^)
2009/05/16(土) 10:10 | URL | ふぉれっくす #-[ 編集]
遅ればせながら…
最近、ご無沙汰でした…バタバタしてしまっていて…

大変だったのですね…ご自身のお体は大丈夫ですか??疲れは後から来たりしますので、お気を付けください。

ウチも…何度かの手術の度、一喜一憂することがあり、奇跡とも思える成功の時は廊下で吠えたこともあったりしました…

お気持ち、お察しいたします。

お早い回復を、気持ばかりではございますが、心より願っております。
2009/05/18(月) 23:37 | URL | slow-hand #-[ 編集]
Re: 遅ればせながら…
e-179slow-handさん、ありがとうございます。 ブログにもUPしましたが、おかげさまで今の所順調に回復してきているようです。さすがに歳なので手放しでは安心できない日々が続きますが ひとまずは落ち着きました。 疲れが出て来てるような(?)この数日ですが巷で広がっている新型インフルを取り込まないように警戒しての通勤をしています。 なにしろ父は透析、母はコレですのでハイリスク家庭ですよね(笑)。 slow-handさんもハードな毎日のご様子ですし、インフルには充分注意してくださいね!
2009/05/22(金) 01:56 | URL | ふぉれっくす #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://forex555.blog43.fc2.com/tb.php/99-bcd4f8c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
節電に協力しよう!

大変な今、誰でも出来る事を少しでも!

いらっしゃいませ!

おいで下さったお客様☆

名様です。有難うございます♪

プロフィール

ふぉれっくす

Author:ふぉれっくす
管理人&著者の「ふぉれっくす」と申します。
1964年 9月生まれ独身男子。
写真とスバルとウルトラが好きな輩でございます。
スポーツマンでは全然ナイのにスキー&テニスやボウリングを嗜み、案外多趣味ですが、その中身は「広く浅く・・・」と評されております(笑)
ぐだぐだです(笑)。よろしくごひいきに☆

☆つぶやき☆



カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索

FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

管理人へのご連絡などはこちらに☆

名前:
メール:
件名:
本文:

 | ついんびすこ☆えれじぃ~TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。